生命保険の保障の増額と減額。 トップやっぱり「お金」がスキ>生命保険の増額・減額


いまの生命保険を増やす、減らす、安くする


 我が家に必要な保障額と、いまかけている生命保険の保障額合計を比べて、不足していれば増やさなければなりませんし、多すぎれば、減らしてもいいか検討しましょう。
また、保障額を減らさずに、保険料を下げられるかも調べましょう。
そして、保険を解約・変更するときは、あらたに加入する保険の保障開始日を確認し、無保険期間ができないように注意しましょう。


保障額を増額するには掛け捨ての定期保険で補強
 生命保険の高額の保障が必要なのは、こどもが成人するまでで、その期間だけ保障をアップさせたいときは、保険料が安い掛け捨ての定期保険がいちばん。

保険名 保険金 期間 保険料(30歳)
オリックス生命のダイレクト定期保険 200〜5000万円 5〜35年 死亡保障3000万円保険期間10年で5100円/月 掛け捨てなので安い。保険金額・保険期間が選べて自由度が高い。
損保ジャパンDIY生命 1年組み立て保険 500〜1億5000万円 1年 死亡保障3000万円医療保険日額5000円で6675円/月 1年更新の定期保険なのでライフスタイルの変化に合わせて、すぐ保障額を見直せるのが魅力。入院・がん・月給補償の特約もあります。


保障額を減らすときは慎重に
 生命保険の保障額が多くても、今後こどもがふえたりして、保障額のアップが必要になる場合もあるので、減額は慎重に。
しかし、解約は最後の手段で、中途減額をまず検討しましょう。
 「定期付き終身保険」ならば、終身保険の部分を残したまま、定期保険特約の部分を減らすのがポイントです。
自由設計型保険の場合は、見直しに自在性があるものの、いろいろな保障が組み込まれていますので、なんの保障を減らすのか検討する必要があります。


保障額を減らさずに保険料を安くできるかも
★特約をチェック
 生命保険の特約や必要かどうかを検討して、不要な特約があれば、その特約部分をやめる。
特約は割高な場合もあるので、他の保険でカバーできないかも考える。
★払い済みにして掛け捨て保険を追加
 生命保険を解約した場合に戻ってくる解約返戻金をもとに、いまと同じ種類で保障額の小さい「払済保険」に変更できます。
この場合、以降の保険料の払い込みが不要になり、保険期間は変わらずに保障が継続します。
保障額が減った分は掛け捨て定期保険に加入しておきましょう。
全部を掛け捨てに
 予定利率が低い最近の終身保険や養老保険の場合、すべてを掛け捨てにするのも、ひとつの方法。
ただし、老後のために貯蓄は多めに用意しましょう。


さらに詳しくは「生命保険の見直し」

やっぱり「お金」がスキ
家計簿で節約 クレジットカードで節約 生命保険を見直して節約 住宅ローンの借り方 上手な貯蓄
食費の節約 節税(確定申告) 生命保険を減額・増額で節約 学資保険で教育費 お得な定期預金
水道光熱費の節約 公共サービスで節約 生命保険の加入時の注意 老後の生活費 投資の必要性
通信費の節約 車の維持費の節約 医療保険の見直しで節約 投資の種類
旅行費の節約 自動車保険の見直しで節約