生命保険はときどき見直しが必要。 トップやっぱり「お金」がスキ>生命保険見直し


生命保険はときどき見直しが必要

 家計のムダを省くときに、いちばんにヤリ玉にあがるのが、生命保険です。
だからといって、保険料を安くすればいい、保障額は少なくてもかまわないというものではありません。
万が一のときの保障を必要なだけかけておかなければ、生命保険の意味がありません。
必要な保障額は、子どもの人数や持ち家かどうか、会社員か自営業かによって違ってきますので、それらが変化したときは必ず生命保険をチェックして、しっかりと保障を確保してください。
貯蓄が少ない人や収入に余裕がない人ほど、生命保険はきっちりかけておかなければなりません。


生命保険の必要保障額の目安

夫婦2人(こどもなし)
夫の死亡保障 妻の死亡保障
1000万円 300万円
夫婦2人(こども成人)
夫の死亡保障 妻の死亡保障
500万円 300万円

専業主婦家庭(こども一人)
夫の職業 住宅 夫の死亡保障 妻の死亡保障
サラリーマン 持ち家 3000万円 500万円
賃貸 4000万円
自営業・自由業 持ち家 4000万円 1000万円
賃貸 5000万円
共働き家庭(こども一人)
夫の職業 住宅 夫の死亡保障 妻の死亡保障
サラリーマン 持ち家 2000万円 1500万円
賃貸 3000万円
自営業・自由業 持ち家 3000万円 2000万円
賃貸 4000万円
医療保障
会社員の夫 日額5000〜7000円
自営業の夫 日額1万円
日額5000円


子供が生まれたら保険金額を見直す 2人になったら500万円アップ

 結婚して夫婦2人だけの間は、生命保険の夫の死亡保障が1000万円、妻はお葬式代程度の300万円くらいで十分ですが、子供が生まれたら、働き手の死亡保障を増額しましょう。
 公的な保障として、夫が会社員や公務員の場合は、18歳の子供1人で年額150万〜170万円前後の遺族年金がでますが、自営業の場合は国民年金なので、102万3100円しかもらえません。
ですから、自営業の場合は、会社員と比べて1000万円ほど多く生命保険をかけることが必要です。
 そして、こどもが1人ふえたら、保障額を500万円アップしましょう。


マイホームを購入したら死亡保障は1000万円減らせる

 住宅ローンを組んで家を購入した場合は、一般的に団体信用生命保険への加入が義務。
契約者が死亡したときに、ローン残高が保険で相殺される仕組みになっています。
ですから死亡後は住宅費の負担がなくなりますので、その分1000万円くらい保障額を減額していいことになります。
団体信用生命保険のほうが保険料が割安なので、個人の生命保険より優先したほうがトクです。


シングルマザーは子供を受取人に2000万円以上

 離婚してシングルマザーになった場合も生命保険の見直しが必要です。
自分名義の保険に入り、子供を受取人にします。
国民年金の遺族基礎年金は、子供1人につき年間79万2500円しか出ません。
これでは、明らかに不足ですから、2000万〜3000万円の死亡保障を確保しましょう。
 病気やケガで入院したときのことも考え、日額5000円〜7000円の医療保険をかけたほうが安心です。


こども保険や個人年金保険にも死亡保障や医療保障がついている

 こども保険や学資保険には、扶養している親が死亡した場合に、以後の保険料が免除となり、加入時の約束どおり学資金がでる保障がついています。
この分は親の保障額を減らしてもいいことになります。
個人年金保険なども、万が一死亡した場合には、残りの期間の年金、あるいは一時金がでるのがふつうです。
 そのほか、会社で入っている団体保険があるかもしれません。
これらをすべて忘れずに保険を見直しましょう。

保険の見直しにおすすめの生命保険・医療保険サイト

 生命・医療保険ではネット経由でできるのは主に資料の一括請求やシュミレーションまでが多いです。
複数の保険を横断比較できるサイトと保険会社の直営サイトは一長一短。
比較サイトは異なる保険情報をまとめて入手できる点が便利で、保険会社の直営サイトは詳しいシュミレーションができます。


おすすめ生命保険
保険名 保険金 期間 保険料(30歳)
DIY保険組み立てキット 500〜1億5000万円 1年 死亡保障3000万円医療保険日額5000円で6675円/月 1年更新の定期保険なのでライフスタイルの変化に合わせて、すぐ保障額を見直せるのが魅力。入院・がん・月給補償の特約もあります。


おすすめ医療保険
保険名 入院保険金(日額) 期間 保険料(30歳)
損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」 5000円〜10000円 15年 4952円〜 女性専用医療保険。女性特有の病気を手厚く保障。さらに3年ごとにボーナスもあります。


おすすめ生命保険・医療保険比較サイト
保険市場 保険市場なら年齢別の保険料がスグわかり、一覧で比較できる。
保険料と保障内容を比べて気になる保険があれば、無料で一括資料請求できる!
保険モール 保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことが可能です。
自分で補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が自分に合っているかを選ぶことができます。



やっぱり「お金」がスキ
家計簿で節約 クレジットカードで節約 生命保険を見直して節約 住宅ローンの借り方 上手な貯蓄
食費の節約 節税(確定申告) 生命保険を減額・増額で節約 学資保険で教育費 お得な定期預金
水道光熱費の節約 公共サービスで節約 生命保険の加入時の注意 老後の生活費 投資の必要性
通信費の節約 車の維持費の節約 医療保険の見直しで節約 投資の種類
旅行費の節約 自動車保険の見直しで節約