金融資産の預け分け(ポートフォリオの構築)も必要です。 トップやっぱり「お金」がスキ>預け分け(ポートフォリオ)


家庭の貯蓄を預け分けよう

 ある程度の貯蓄額になったら、預け先を見直して、バランスを考えた預け分け(ポートフォリオ)も必要になってきます。
預け分け(ポートフォリオ)とは、家の資産を効率よく運用するための手段のひとつです。
お金の使い道や目的に合わせて、それに適した金融商品を選んで分散させれば、長い目で見たときに有利にお金をふやすことができ、いざというときも安心。


ポートフォリオの組み方

預け分けは商品性が異なる3つのタイプへ
内     容 主な金融商品
固定金利 変動金利・実績分配
流動性 いつでも自由にお金を出し入れでき、引き出すときにも手数料などがかからない商品。
毎月の生活資金のほか、いざという時に備え生活費3ヶ月分程度の貯蓄は、こうした商品に預けるのが基本。
なし 普通預貯金
貯蓄預貯金
安全性 元本と利息が確実に受け取れる商品。
住宅資金や教育資金など、安全確実に貯めたいお金は、こうした商品に預けるのがベスト。
定期預金
国債
一時払養老保険
定額貯金
公社債投信
変動金利定期預金
MMF
収益性 元本割れや値下がりなどのリスクがあるものの高収益(リターン)を狙える商品。
当面使う予定のない余裕資金や10年以上先の老後資金など、長期的に運用できお金をふやしたい時に利用。
転換社債
ワラント債
外国債券
外貨預金
変額個人年金
株式
外国株式
外国投信


年齢や収入によるポートフォリオ
高年齢の人 運用の失敗をカバーするだけの収入がないため、安全性重視してローリスク・ローリターンの金融商品が適しています。
低年齢の人 運用に失敗しても、それを取り返せるだけの時間的余裕があるため、ある程度のハイリスク・ハイリターンの金融商品を組み合わせることが可能。
収入の多い人 高い割合で、ハイリスク・ハイリターンの金融商品を組み込むことが可能。
収入の少ない人 安全性重視、リスクある金融商品は避けるのが賢明。



やっぱり「お金」がスキ
家計簿で節約 クレジットカードで節約 生命保険を見直して節約 住宅ローンの借り方 上手な貯蓄
食費の節約 節税(確定申告) 生命保険を減額・増額で節約 学資保険で教育費 お得な定期預金
水道光熱費の節約 公共サービスで節約 生命保険の加入時の注意 老後の生活費 投資の必要性
通信費の節約 車の維持費の節約 医療保険の見直しで節約 投資の種類
旅行費の節約 自動車保険の見直しで節約