住宅・マンション購入時の住宅ローン、ココに注意。 トップやっぱり「お金」がスキ>住宅ローン


住宅ローン、ココに注意

 現在は、頭金がきちんと貯まっている人には、マイホームの買い時だと思われます。
不動産価格、住宅ローン金利を見れば、購入できる条件は十分に整っています。
 住宅の購入は人生設計のターニングポイント!
買う・買わないをきちんと決めないで、すすめられるまま契約するのは絶対にダメです。
「頭金なし」「家賃といっしょ」という、うたい文句も危険。
「頭金なし」ということは、その分、利息をたくさん払うということ。
「家賃といっしょ」では、最長35年ローンでボーナス返済目いっぱい、全額変動金利住宅ローンで返済が組まれていることが多いです。


住宅ローンの頭金は2割以上


 住宅ローンを組むために、頭金は住宅価格の2割が必要。
頭金を貯めるには、有利な融資が受けられる3つの積立を活用しましょう。
財形住宅貯蓄 財形貯蓄制度を導入している会社の社員と公務員が利用できます。
最高4000万円まで超低金利の融資が受けられる。
つみたてくん だれでも3年積立てれば、最高1320万円まで割増融資が受けられる。
20・40・60万円の3コースがあり年2回積立。
郵便局の住宅積立貯金 自営業者や財形のない会社の社員でも利用できる。
住宅金融公庫の割増融資を275万円まで受けられる。


住宅ローンを借りる


返済の目安
 毎月の住宅ローン返済額は、手取り月収の30%以下に抑えましょう。

どこから借りる?
 おすすめは、会社員が利用できる「財形持ち家(住宅)融資」です。
これに加え、会社員でも自営業でも利用できるのが、住宅金融公庫融資と年金住宅融資。
これらの公的融資が住宅ローンを考えるときのベースになります。

変動金利と固定金利
 金利が低めなときは、借り入れ時の金利がずっと続く固定金利が有利です。
しかし、変動金利のほうが固定金利より低いので、資金的に余裕があり短期で返済できるのなら、借り入れに一部を変動で借り利息を少なくすることができます。

返済期間は1年でも短く
 住宅ローンを組むときは、25年、30年、35年など、5年単位で返済期間を考えがちですが、10年を超える住宅ローンであれば、返済期間を1年単位にできる機関もたくさんあります。
返済期間を1年でも短くするメリットは、利息を減らせることです。
たとえば、2400万円を金利3%で借りた場合、35年返済だと毎月の返済額は9万2364円。
この返済額をたった1540円増やしただけで、返済期間は1年短縮して、返済総額は48万円も減ります。


繰り上げ返済


100万円貯まったら繰り上げ返済
 繰り上げ返済には、期間短縮型と返済額軽減型がありますが、期間短縮型のほうが今後払う利息を減らす効果が大きく、とくに元利金等返済の場合に有利になります。
そして、時期が早いほど、期間短縮効果が大きく、返済額もぐんぐん減少します。

どれから返済するか?
 返済の順番は、必ずしも高金利からとは限りません。
利息の支払いを少なくするには、借りている期間をなるべく少なくするのが必要です。
ポイントは、全体の返済期間をできるだけ短縮させることにあります。
いくつか住宅ローンがあって、どれも返済期間が長いのならば、借り入れたローン額に比例させ、どれにも少しずつ繰り上げ返済をするほうが有利です。
 いくつかに分散して返せないときは、利息の割合の大きいローンを優先して返済することがおすすめ。
利息の割合の大きいローンは、償還表(住宅ローン返済計画表)を見て、「元金÷利息」で計算し、その数字が小さいほど利息の割合が大きいローンとなります。
 また、残っている住宅ローンの金額に大きな差がある場合は、残債の大きなほうを優先させましょう。
残債が多ければ利息額も多くなりがちです。


住宅ローンを借りるなら

新生銀行
新生銀行の住宅ローンは、保障料・繰り上げ返済手数料が0円。そして、金利がお得の三つのメリット。
GE Money の注文住宅ローン
 お客様のニーズやご希望に、できるかぎりの「Yes」でお応えします。
SBIモーゲージの住宅ローン
 完全固定金利、年2%台〜選べます!もう金利に左右されない。相談無料♪
アンケートに答えて図書カードGET!住宅ローンアンケート

やっぱり「お金」がスキ
家計簿で節約 クレジットカードで節約 生命保険を見直して節約 住宅ローンの借り方 上手な貯蓄
食費の節約 節税(確定申告) 生命保険を減額・増額で節約 学資保険で教育費 お得な定期預金
水道光熱費の節約 公共サービスで節約 生命保険の加入時の注意 老後の生活費 投資の必要性
通信費の節約 車の維持費の節約 医療保険の見直しで節約 投資の種類
旅行費の節約 自動車保険の見直しで節約