自動車保険を見積もって安くかけましょう トップやっぱり「お金」がスキ>自動車保険


自動車保険を見積もり


 自動車保険の広告はまるでバーゲンセール。
そんな宣伝を信じてもいいのか、必要な保障がないのでは、どう見積もりをとればいいのか、と迷っているとしたら、こんなもったいないことはありません。
自動車保険の保障を減らすことなく保険料を減らせます。
更新の時期がきたら自動車保険の見直しのチャンス! 見積もりを3つ以上とって、安い保険を選びましょう。


リスク細分型なら保険料が安くなる
 リスク細分型保険とは、事故を起こす確率(リスク)の低い人と高い人を条件によって細かく分け、リスクの低い人は保険料が安く、リスクが高い人は保険料が高くなります。
ゴールド免許を持っている人や年間走行距離が1万km以下の人、年齢が26歳以上の人などは、安くなる可能性が高いです。

見積もりに必要なもの
 @保険証書  A車検証  B免許証  C自動車の取扱説明書(安全装備を知るため)  D昨年のだいたいの走行距離  3社以上に、同じ保障条件で見積もりをとり、保険料と保障内容を比較しましょう。

自動車保険に必要な保障金額の目安
対人賠償保険 人身事故で死傷させた相手の身体と収入の損害を補償する。 かならず無制限
対物賠償保険 相手の車、電柱、建物などの損害を補償。 2000万円〜無制限
自損事故保険 単独事故、100%自分に過失があって同乗者が死亡、後遺障害、ケガの場合の補償。 死亡時1500万円と決まっている
無保険者傷害保険 事故の相手が十分な保険に入っていないときの自分と同乗者への補償。 対人賠償保険の額により自動的に決まる
搭乗者傷害保険 事故で運転者や同乗者の死亡、後遺障害、ケガの補償。人身障害保障保険を付ければ内容が重複するので必要ない。 500万〜1000万円
人身障害保障保険 事故で運転者や同乗者の死亡、後遺障害、ケガの補償。過失割合には無関係。 5000万円
車両保険 自分の車の修理代。「当て逃げ」「単独事故」をはずせば保険料はかなり安くなる。 考え方次第

割引年齢に達したら保険料が安くなる
 ある年齢以下の人は運転しないという条件だと保険料が安くなります。
その年齢の誕生日を迎えたら、満期になっていなくても、「○歳未満不担保」の申請を保険会社にすれば、条件を変えてもらえることも。
残りの期間の保険料が安くなって、払い戻される。


おすすめ自動車保険

そんぽ24損害保険株式会社 こんなひとは安くなるチャンス!⇒【ゴールド免許、ご夫婦のみ、通勤・レジャー】
保険の窓口 インズウェブ 自動車保険、比較サイト。
保険料の試算・見積もりができます。
見積り条件入力の際は免許証と保険証券(現在ご加入の方のみ)が必要となります。
三井ダイレクト損害保険株式会社 ネット契約で最大4,500円割引。
アクサ損害保険株式会社 リスク細分型自動車保険はアクサが最初。「自動車保険料を安くしたい!」という方は今すぐお見積り。


やっぱり「お金」がスキ
家計簿で節約 クレジットカードで節約 生命保険を見直して節約 住宅ローンの借り方 上手な貯蓄
食費の節約 節税(確定申告) 生命保険を減額・増額で節約 学資保険で教育費 お得な定期預金
水道光熱費の節約 公共サービスで節約 生命保険の加入時の注意 老後の生活費 投資の必要性
通信費の節約 車の維持費の節約 医療保険の見直しで節約 投資の種類
旅行費の節約 自動車保険の見直しで節約