投資の基本、株式投資を始めよう。 トップやっぱり「お金」がスキ>株式投資


株式投資 初心者の心得

 株式に投資すれば大きな利益を手にするチャンスが生まれるが、失敗した場合は損失を被る恐れがある。
初めて株式投資するなら、基礎知識を身に付けましょう。

株式投資に必要なもの
・証券会社の口座
・株価チャート
・会社四季報
・日本経済新聞
 株式投資にはまず証券会社の口座が必要です。(証券会社の口座開設については証券会社選び方を参照にしてください)
他の3点は、投資の三種の神器と言われ、なくてはならないものです。
 「株価チャート」は、今の株価が買い時なのか売り時なのかを判断するのに使います。
「会社四季報」は、銘柄選びに使用します。
「日本経済新聞」は、日本や世界の経済の動きを判断したり、個別企業の情報収集に利用します。
 ですが、今はインターネットがあれば以上3点のものは、ほぼ無料で見れます。
「証券会社の選び方」はこちら


株式投資 銘柄選び

知っている会社を買う
 たとえば、化粧品や食品など普段から商品の売れ行きなどを肌で感じている企業から始めるのが、いいという意見は多いです。
お気に入り商品を扱う馴染みのある企業なら消費者の目で経営の状況を判断しやすいからです。

少なくてもここをチェック
 銘柄選びで「最低限チェックしたい」項目は、過去の株価推移と有利子負債残高(企業の借金額)です。
株価の推移を見て値動きが激しすぎるのは避け、有利子負債残高が同業他社と比べて、あまりにも多いようなら再検討が必要かも。
また、何も調べていない銘柄を買ったりすることは避けましょう。

運用ルールをつくる
 過去3年分の株価の推移を見て最安値と最高値は把握しましょう。
そのうえで、たとえば最安値より2割近い水準まで下がったら手放すといった具合に、安値・高値を基準に自分の売却の目安を決めておきたいです。

投資金額の上限
 まず生活費は別に確保。結婚や引っ越しなどが想定される人は、残った資金からこうしたライフイベントの出費を差し引いた額を上限にしましょう。

株主優待銘柄
 「株主優待銘柄」とは、株主優待を実施している会社のことです。
年に1〜2回株主優待をもらいながら株価の値上がりを待ちましょう。
仮に株価が横ばいでも定期的に株主優待がもらえるので、じっくり値上がりを待つことができます。
 株主優待実施会社や優待内容は「会社四季報」や証券会社のスクリーニングで調べられます。

成長株
 「成長株」とは、売上や利益が着実に伸びていく企業のこと。
長い目で見れば、株価は業績に連動するので将来的に株価が上昇する可能性大。
 予想PER20倍以下、売上高5%以上、「営業利益」「経常利益」「純利益」「1株当たり利益」が10%以上伸びているのが条件。
株式取引をゲームで勉強
 株式投資には興味はあるが、知識がなくて不安・・・。
そんな人でもゲームなら取っ付きやすい。
 投資のイロハを指南はもちろんのこと、株取引の画面や株価など実際の取引に近づけてあったり、実際の過去の株価と財務データを収録してあったりしています。
 どのゲームも難解さを感じさせないように工夫が凝らされている。
遊んでいるうちに意外と熱中してしまうかも。


少ない金額から株式投資

ミニ株・プチ株
 「ミニ株」や「プチ株」は、少ない予算で株式投資ができます。
 ミニ株は単元株の10分の1単位で売買できるので、必要なお金も10分の1ですみます。
ただし、売買単位が1株の銘柄はミニ株で買うことはできませんし、取り扱う銘柄は証券会社によって違います。
 プチ株は売買単位に係わらず1株から取引ができるので、さらに少額から投資ができます。
 デメリットは、本当の株主ではないので、株主総会の出席や株主優待が受けられません(配当は受けられます)。
また、指値注文ができないし、手数料が単元株取引よりも高めで手取り収益が少なくなります。

るいとう
 るいとう(株式累積投資)は、毎月自動的に株を買い付ける「株式の積立」です。
買いたい銘柄を選んで、毎月一定額ずつ買える株数だけを買っていく仕組みです。
 毎月1万円から始められて、一定額を購入するので平均取得単価を平準化でき、1株当たりの平均買付コストが安く抑えられます(「ドルコスト平均法」といいます)。
 しかし、年間口座管理料がかかる証券会社もあり、売買手数料と合わせて単元株よりもコストが割高です。
 「るいとう」は何年も保有するのが大前提なので、高くて買えないけど将来伸びる会社を選び、長期で続ける投資法が向いてます。


「ミニ株・プチ株」や「るいとう」ができる証券会社
SBI証券

 プチ株を扱っています。名称は「S株」。
東証・大証・JASDAXの全銘柄を売買可能。
手数料は52円〜。


株式投資に必要な基本用語

成行注文 なりゆきちゅうもん 値段を指定しない注文
指値注文 さしねちゅうもん 値段を指定した注文
始値 はじめね 1日の取引で最初にできた値
終値 おわりね 1日の取引で最後にできた値
前場 ぜんば 取引が行われる午前9時から11時
後場 ごば 取引が行われる午後12時30分から3時
ザラバ ざらば 取引時間中のこと
信用取引 しんようとりひき 担保として差し入れた資金の数倍の取引ができる仕組み
売買単位 ばいばいたんい 売買できる最低の株数。
年初来高値 ねんしょらいたかね その年の最も高い株価。4月1日から12月31日の間に使う。
昨年来高値 さくねんらいたかね 前年の1月1日から最も高い株価。1月1日から3月31日までに使う。
PER ぴーいーあーる 株価収益率の略。株価と企業の収益力を比較することによって株式の投資価値を判断する尺度。





やっぱり「お金」がスキ
ポートフォリオ 証券会社選び
上手な貯金 株式投資
定期預金
投資商品
外貨投資