外貨投資は金利と為替差益の一石二鳥の儲けを狙う トップやっぱり「お金」がスキ>外貨投資


金利と為替差益で儲ける 外貨投資

 海外旅行に行った時に、円とドルを交換したりして、なんとなく身近な気がする外貨。
1万円程度から投資できるし、どの金融機関でも取り扱っているので、初心者でも大丈夫。

円高で買って円安で売る
 外貨投資の最大の魅力は、円に比べて高い利回りで運用できるところです。
しかし、常に変動する為替相場の影響を受けるので、高利回りでも元本割れになる可能性もあります。
為替で損を出さないためには、円高で投資し、それよりも円安水準で円に戻すのが基本。

 過去の為替の動きの癖を知って、現状の為替水準が円高なのか円安なのか、常に判断しながら投資を行うのが大切。
短期で為替差益を狙うよりも、少し長い目で金利を稼ぐことが重要です。
年月をかけて高い金利を得ることにより、円に戻す際の損益分岐点もアップするので、為替変動に負けない資産作りが可能になります。

外貨投資のポイント
 ・米ドルだけとか、ユーロだけなど1通貨に絞った投資は大きな損失の可能性も。通貨の分散を。
 ・外貨には、金利と為替差益の2つの収益源がある。投資前に金利と現在の為替相場の位置をよく調べる。
 ・投資目的を「海外で使うため」「日本より高い利息を得るため」「円以外のも通貨分散するため」など、はっきり決める。


外貨MMF

外貨MMFは少額投資と高い利回りが魅力
 外貨MMFとは、米ドルやユーロ、豪ドルなど各通貨の短期金融商品や高格付けの債権などで運用される投資信託の一種。
元本保証はないが安全性は高いです。
少額から投資ができて気軽にトライでき、損が出そうになったら、すぐに解約(売買)ができる機動性の高さも魅力です。
 利回りは実績により常に変動していますが、おおむね外貨預金より有利。
また、円→外貨→円と通貨を交換するときにかかる手数料も、米ドルで往復1円が一般的。
往復2円が主流の外貨預金よりも手数料の面でも有利といえます。

外貨MMFは少額分散と短期売買がOK
 外貨MMFにおいて、為替リスクを少しでも軽減させるには、少しずつ時期をずらして投資するのが有効な方法です。
一定金額ずつ投資する方法も手軽にできるので、少しずつ外貨資産を増やしたい人にもうってつけ。
米ドル、ユーロ、豪ドル、英ポンドなど扱っているので、少額でも通貨の分散ができるのが外貨MMFのいいとこ。
 また、いつでも購入・売却ができるので、為替相場を見ながら、差益を狙った投資もできます。

外貨MMF取扱い証券会社
松井証券 楽天証券 SBI証券


外貨預金

外貨での元本保証
 外貨ベースで元本保証されているのが最大の特徴。
円の預金と同じように、普通預金と定期預金があり、銀行が取り扱います。
また、万が一元本割れしても、トラベラーズチェック(T/C)等で外貨のまま引き出せます。
ただし、預入金額は定期なら10万円相当からと少し高め。
 金利は外貨MMFよりも低めですが、預けるときに適用金利が分かる固定金利なのが利点です。

外貨のまま使う予定のある人向け
 外貨預金のメリットは、外貨のまま引き出せたり、T/Cに換えることができる点です。
外貨投資の目的が外貨のまま使うこと、という人に「おすすめ」です。
ただし、どこの銀行でもキャッシュやT/Cに換えられるわけではないので注意してください。

外貨預金取り扱い金融機関
【1年もの外貨定期】米ドル年0.50%(税引後)2009年4月3日現在 新生銀行


外国債券

外貨建て長期固定金利商品
 外国債券とは、外国の政府や地方公共団体、企業などが発行する債券のことです。
このなかで、外貨建てで発行された債券を一般に外債と呼んでいます。
半年ごとなどにクーポンと呼ばれる利息が受け取れる利付け債のほか、償還まで利払いがないゼロクーポン債が代表的です。
 新たに発行される新発債を購入するほかに、すでに発行されている既発債なら残存期間(償還までの期間)がさまざまな外債があるので、自分の考えている運用期間によって、債権を選ぶことができます。
 また、投資単位も最低で1000通貨単位からが一般的なため、少なくとも10数万円以上は資金が必要です。
さらに外債を購入すると外国証券口座管理手数料が必要。(多くは年3150円、無料の証券会社もあります)
あまり少額の投資では、受け取った利息が、手数料で吹っ飛ぶ恐れもあるので注意しましょう。

利付債
 利付債とは、定期的に利息(クーポン)を受け取れるタイプの外債です。
元本はそのまま、受け取った利息を円に戻して受け取ることができるので、定期的にお金を受け取りたい人向けです。
ただし、受け取る利息は、外貨ベースでは一定ですが、その時の為替レートにより円での受取額が増減します。
 外国債券を購入する証券会社で外貨MMFを取り扱っているなら、円に戻さず、もらった利息を外貨のまま外貨MMFで運用することも可能です。
 外国債券の利回りは、その通貨の現在の金利状況と発行体の信用度によって異なるので、金利が高いということで選ぶのは危険です。
必ず発行体の信用度もチェックしましょう。
 また、購入した外国債券は、いつでも売却が可能ですが、そのときの時価で証券会社に買い取ってもらうことになるので注意しましょう。

ゼロクーポン債
 ゼロクーポン債とは、額面よりも低い額で発行され、額面との差額が利息の代わりとなる債権のことです。
途中での利息払いがない分、高い利回りが実現できています。
利付債は利息を受け取るたびに、その20%が税金として徴収されますが、ゼロクーポン債は当然償還までの課税はナシ。
償還時にも払込額と受取額の差額分が雑所得として総合課税されるので、他の所得がなければ20万円までは無税なので節税面でも有利。
 ゼロクーポン債は米国債の既発債がメインで、残存期間は最長で30年までなので、プランに応じて残存期間を選んで投資ができます。
 外債は購入したときの利回りが償還まで続く商品なので、金利が高いときに長期のものに投資するのがセオリーです。
 償還金の受け取りは、購入した証券会社の外貨MMFに入れて、為替の動きを見ながら円に戻す方法が「おすすめ」。
外貨MMFと組み合わせて利用すれば円に戻さず、再度別の債権に投資することも可能です。

外国債券取り扱い金融機関
楽天証券 SBI証券



やっぱり「お金」がスキ
ポートフォリオ 証券会社選び
上手な貯金 株式投資
定期預金
投資商品
外貨投資