防災グッツ・消火器で二次災害予防。 トップ防災グッツ>二次災害防止


二次災害の防止が、被害拡大を抑えます


 火災に備えるのも、大地震の備えに欠かせません。
地震や台風のような外力で、結果として家が壊れる、ということはある程度しようがないとしても、その結果として生じた火災がどんどん広がって、他の火災の無かった部分、自らはしっかり守って損害の無かった部分にも迷惑をかけるようなことは、絶対に防がなくてはいけません。


二次災害を予防する防災グッツ

電源遮断装置
1417円〜
 「通電火災」を防ぐため震度5以上の揺れを感知すると、ブレーカーのスイッチを切ります。

取り扱い店
耐火金庫
5188円〜
 証券、通帳や大切な書類を火災から守る耐火保管庫。小型なので移動も簡単、どこにでも収納可能。

取り扱い店
火災警報器
1900円〜
 ドライバー1本で取付が簡単な電池式。発見が早いけむり感知式。

取り扱い店
三角バケツ
3266円〜
 東京消防庁が開発。消火用と飲料水の備蓄に役立つように開発されています。

取り扱い店


二次災害を防げ、初期消火


「まずは火元を消す」?

 「地震が起きたら、まず火元を消せ」と、よく言われていますが、これはあくまで状況次第。
強い揺れの中で無理に火元を消そうとすると、油や熱湯などで火傷を負う可能性があります。
まずは、身の安全を守りましょう。
揺れが収まった後に消化すれば十分間に合います。
火元を消すかどうかは、その時の状況を見て判断しましょう。

消火器の使い方
 家に備えてある消火器の使い方を知っていますか。
消火器の使い方の基本は以下の方法です。
(1)消火器を下に置いて安全栓を引き抜きます。
(2)ホースを火に向けます。
(3)レバーを強く握り締めます。