防災グッツで安否確認。 トップ防災グッツ>安否確認・連絡


安否確認・連絡に役立つ防災グッツ

 地震は必ずしも家族全員が揃っているときに起きるとは限りません。
そんな時に真っ先に気になるのは家族の安否では、ないでしょうか。
でも考えることは、みんな同じ。一般電話も携帯電話も安否確認、見舞い、問い合わせ等の電話が爆発的に増加し、電話がつながりにくい状況が数日間、続きます。
 少しでも早く家族の安否が確認できる方法を知っておきましょう。


防災グッツで安否確認・緊急連絡

防災手帳
351円〜
 災害時に必要な本人や家族の情報が書き込め、それぞれの写真が入れられます。

取り扱い店
すとらっぷえID
1660円〜
 自分が誰で、どこから来たのか、どこに住んでいるのか、それを証明するのは生存の基本。

取り扱い店
防水ノート
472円〜
 水に強いノートがあると便利。必要事項をメモして持ち歩いたり、家族との連絡に使用できます。

取り扱い店
ライフメール
2268円〜
 あなたの携帯電話に災害・防災情報や安否確認メールを配信。自分の安否の通知もします。

取り扱い店


災害時の連絡手段


災害用伝言ダイヤル
 電話連絡がとりにくくなる災害時に備え、NTTでは「災害用伝言ダイヤル」というサービスを行っています。
このサービスは、被災者が自身の安否や伝言などを「災害用伝言ダイヤルセンター」に録音し、その被災者の安否を知りたい方が、その内容を電話で再生して状況を確認できる、というものです。
 電話で「171」をダイヤルし、後は音声ガイダンスに従って操作します。

iモード災害用伝言板
 NTTドコモが始めた、携帯電話の「iモード」を利用した災害時の安否確認サービス。
一時的に通信が混乱しても、iモードの伝言コーナーにメッセージを託し、家族に伝えられる。
 震度6以上の震災など大災害が発生するとiモード画面メニューに「災害用伝言板」が表示されます。
被災者は「無事です」「被害あります」など4つから伝言を選択し入力。
家族は同じ伝言板画面から相手の携帯電話番号を入力すれば安否がわかります。

遠隔地にいる親類・知人に連絡を代行してもらう
 遠隔地から被災地への電話はかかりにくいが、被災地から遠隔地への電話は以外にもかかりやすい。
それならば、事前に緊急時の連絡先の親類・知人を指定しておき、他の親類・知人は、その連絡代行の親類・知人に連絡してもらうようにすれば、迅速に安否や伝言が伝わりやすい。

張り紙
 家を離れて非難する際に、連絡先やメッセージを記した張り紙を残しておけば、郵便物の再配達や見舞いに来られた方の情報伝達に役立ちます。
この張り紙には防水ノートを使えば悪天候でもぐちゃぐしゃになりません。