家具転倒防止が、あなたの生死を分けるかも。 トップ防災グッツ>家具転倒防止


家具転倒防止で地震対策

 地震対策というと震災後の避難生活に関心が集まりがちですが、命を落とさない為の対策も欠かせません。
まず部屋が安全かどうかをチェック。
すぐにできるのは家具の配置の見直しや転倒防止の工夫。
家具を固定する防災グッツを正しく使えば危険は減ります。

阪神大震災で亡くなった人の83%以上は、建物の倒壊や家具の下敷きとなった圧死・窒息死。
建物や家具の下敷きとなって焼死したと思われる人を加えると96%以上。
「建物の強度と室内の安全性が生死を分ける」
室内の地震対策のポイント
最優先は寝室
高い所に物を置かない
重い物は引き出しや棚の下部に
家具は倒れたらドアが開かなくなる場所に設置しない
転倒防止策はまず本棚、タンス、食器棚
テレビ、電子レンジも固定
食器棚は扉に耐震ラッチを付け、ガラス飛散防止フィルムを


地震対策 家具転倒防止

耐震マット プロセブン
1050円〜
 敷くだけで高い粘着性と緩衝性を発揮。性能は引越し会社のCMで実証済み。

取り扱い店
スキマブロック
4515円〜
 7.6cm〜60cmまでの家具との隙間に取り付け転倒防止。見栄えもよく収納タイプもあります。
「スキマブロック」取り扱い店
「スキマボックス」取り扱い店
たおれんゾー
1656円〜
 頼れるのはやっぱりこれ。家具をワイヤーで固定するので安心。大型家具にはぜひ。

取り扱い店
3M スコッチティント ウィンドウフィルム(飛散防止)
1780円〜
 戸棚など家具のガラスが割れて室内に飛び散ると 迅速な避難を妨げます。住友スリーエム製なので間違いなし。

取り扱い店
マグニチュード7
3470円〜
 つっぱり棒の原理を利用した家具転倒防止具。ネジ・クギ不要で、簡単取付け。

取り扱い店
ひらかんゾー
2478円〜
 地震の揺れを感知して食器棚の開き戸をロック。食器などの飛び出しを防止します。

取り扱い店
ふんばる君
598円〜
 敷くだけでタンスや食器棚の転倒を防止。長さは60cmと90cm。切って長さを調整できます。

取り扱い店
耐震BOX
8320円〜
 家具と天井の隙間に設置で転倒防止に。簡易トイレとしても使えるます。

取り扱い店
ピアノ転倒防止具
12495円〜
 地震などによるピアノの転倒、暴走を防ぎ、騒音の防止にも効果を発揮します。

取り扱い店
キャストッパー
1631円〜
 地震などの振動によるキャスター付き家具などの滑り出しを防ぎます。

取り扱い店
ミュージアムジェル
1260円〜
 透明なゼリー状の粘着剤。高価なコレクションなどをしっかりと固定させるのに最適。

取り扱い店
防犯&防災 TSSP.jp

 もしもの時に備えは万全? 何かが起こる前に! 気になる商品がきっとあります。


部屋に潜む危険を診断

 部屋の危険度を自己診断したい人は、日立東日本ソリューションズがホームページで公開している「室内危険度診断システム」が参考になります。
部屋の平面図、自分の居場所、家具の置き場を入力すると、震度に応じて物の散乱範囲や避難経路を無料でシュミレーションしてくれます。

 軽傷ですむ安全な空間は、1uあたりの家具数が0.3個以下。
四畳半ならテレビとテーブルと本棚など3個。六畳で4個。八畳で5個。十二畳で6個までが目安。
また、部屋の壁全体に家具を分散して置くと、転倒の危険度は薄められ「非常に危険」な空間を最小に抑えられる。
部屋の中を活発に動き回る子供にとっては、安全な配置です。
逆に高齢者の場合は、家具をコーナーに集中させて、家具などが転倒してこない「極めて安全」な空間を確保しましょう。

 引越しやリフォーム、ハウスクリーニングを予定している人は絶好のチャンス!
家具の転倒防止サービスを手掛ける引越し業者もあり、こうした機会にあわせて本格的な防災対策をしましょう。

 東京消防庁では、家具の転倒実験の結果を公表しています。
市販の家具転倒防止用器具の効果を評価。
 器具で、安定した効果があったのは、壁と家具をねじで固定するL形金具とプレート式金具。
チェーンやベルト式では張りに遊びがある分、家具が少し移動。
ポール式(つっぱり棒)は震度中に家具と天井との距離が変化すると器具が外れる危険性。
家具の底にはめ込むマット式とストッパー式は震度6弱で器具が外れて家具が移動。