食料と水は、生きていくために必ず必要な防災グッツです。 トップ防災グッツ>保存食(非常食)・保存水


生きていくための「非常食・保存水」の確保

 防災グッツで、もっとも必要なのは、非常食と保存飲料水ではないでしょうか?
 人間の生きる源は水です。
平均的には食料なしでも3週間生きられますが、水なしでは3〜5日しか生き延びることができません。
蛇口をひねれば水が出るという便利さは、決して当たり前のことではありません。
阪神淡路大震災で水確保に苦労している様子に愕然としたばかりです。
 なお、人間は1日1人あたり2〜3リットルの水が必要です。

 非常食といえば、皆さん思いつくのは「乾パン」ではないでしょうか?
でも、今日では乾パンより栄養があって、保存期間が長く、しかも美味しいという非常食がいろいろとあります。
 非常食の保存期間が長いからといって保存期間が過ぎてしまっては意味がありません。
非常食の保存期間の確認を欠かさないことが大切です。
また、非常食を車のトランクに常備しておくのも便利かもしれません。

 非常食・保存水は、国や自治体の支援体制が整うまでの時間を乗り切るためにも、3日分を目安に用意しておきましょう。
東海・東南海・南海の三地震が同時に起きた場合、関東から中国・四国地方までの広い範囲で水道被害が8万件を超え、すべての復旧までに約500日かかるとの想定結果が出ています。


非常食・保存水

保存食バラエティセット
4725円〜
 10食分の主食、副食、飲料水がバランスよくセットされています。我家は1人1セット。

取り扱い店
アークスリー
2000円〜
 3日分の食料と水、アルミブランケット付です。国連、ペンタゴン、官公庁などで多数採用。

取り扱い店
レスキューフーズ 1日セット
2625円〜
 3種類の非常食セット。発熱剤・発熱溶液の使用により温かい食事を。レンゲと紙ナプキン入。

取り扱い店
避難食品セット
5985円〜
 非常持出袋に約8食分の飲料水・食糧・食器を 収納したセットです。

取り扱い店
保存水
500ml×12本 2100円〜
 5年間保存が利き災害用に最適。大きいペットボトルよりも小さなものが使い勝手が良い。

取り扱い店
携帯用ストロー浄水器 mizuーQ
1470円〜
 コップ1杯程度ならすぐに飲める水が得られます。粉末除菌剤付なのでどんな水もOK。

取り扱い店
メデタンク
2394円〜
 光触媒の殺菌作用により、飲料水を常温で水を取り替えることなく3年間保存できます。

取り扱い店
カロリーメイト ロングライフ
2400円〜
 あのバランス栄養食が保存食になりました。味はそのままで保存期間が3年。保管場所もとりません。

取り扱い店
サクマ式災害用ドロップス
236円〜
 心の癒し。疲労回復に。通常は賞味期限1年ですが災害用なので3年保存可能

取り扱い店
ブルボン缶入り非常食詰合せ(3種類)
709円〜
 缶入お菓子(非常食)の詰め合わせです。ミルクビスケット、カンパン、ミニクラッカーの3缶入り。

取り扱い店
オフィスロカ
1650円〜
 名前からも分かる様に防災グッツではありませんが、使えます。水道水を入れて数分待つだけ。

取り扱い店
非常用給水リュック
6920円〜
 水を入れた給水袋やバケツは想像以上に重い。でも、背負えれば運ぶにも楽々です。

取り扱い店